ANGLER'S VOICEアングラーズ ボイス

SALT WATER FISHING

Interview with

富永 敦

Atsushi Tominaga

自分の目で得た情報は、
必ず釣果につながる。

アジングがソルトルアーゲームのカテゴリーとして定着してから10年ほどになるだろうか。
流行初期はナイトゲーム一辺倒だったアジングも、デイゲームの可能性が全国で広まり、
現在は多くのアングラーが日中でも楽しむようになっている。
非常に繊細な釣りが要求される小型狙いから、ベイトの回遊次第でスイッチの入る大型狙いまで、
幅のあるゲームとして、その人気は衰えを知らない。そのアジングゲームの最先端にいるのが、
トミー敦こと富永 敦さんだ。彼がどのようなきっかけで“目で見る情報”に重きを置くようになったのか?
そして、その情報を自身のフィッシングスタイルにどのように活かしているのか、を訊いてみた。

続きを見る


Interview with

田代 誠一郎

Seiichiro Tashiro

全員の目の代わりになることが
私の仕事

強烈な引きと感動的な達成感が得られる釣りとして、全国で人気沸騰中のオフショアフィッシング。
代表的なターゲットはヒラマサなどの青物やカジキ、クロマグロといった大物。
近年、著しい進化を誇るタックルによって、釣り上げる確率が上がっている。
そのオフショアフィッシングアングラーの釣果をサポートするガイド船の中で、
アングラーの憧れ的存在、サンライズ/新海を駆る田代 誠一郎さん。
ゲストの釣果が何よりも自身の歓びという姿勢がファンから慕われ、
カリスマ船長と呼ばれるようになった彼はTALEXレンズを愛用するようになって10年になる。
長いガイド経験のなかで辿り着いた彼のフェイバリットカラーとTALEXレンズを使い続ける理由を訊いてみた。

続きを見る


Interview with

広瀬 達樹

Tatsuki Hirose

どれだけ長く、集中できるかで
釣果は大きく変わる。

淡水・海水問わず、自身がリリースするロッドで釣れることの証明と、
それら釣りカテゴリーの楽しさをメディアで伝えるため、全国のフィールドを駆け回る広瀬 達樹さん。
メディアでは“ヒロセマン”の愛称で親しまれている。
日本でトップクラスといわれるほどの取材数をこなす彼にとって
TALEXレンズのサングラスは、釣果という結果を得るために手放せないギアだという。
今回は、彼が得意とする人気急上昇中の釣り、ライトショアジギングの魅力と釣果アップのために
TALEXレンズで見るべきポイントを訊いてみた。

続きを見る


Interview with

大野 ゆうき

Yuki Ohno

大切なのはイメージと現実のリンク

家から通える身近なフィールドで、日常的にルアーフィッシングを楽しめるターゲットがシーバスだったという大野さん。
高校生の頃から本格的にシーバスのルアーフィッシングにのめり込み、
自身のステップアップのなかでTALEXレンズを愛用するようになって20年が経つ。
情報収集力は格段に向上し、独自の攻略法をブラッシュアップできたという。
その20年という経験のなかで辿り着いた彼のフェイバリットカラーと、
そのレンズカラーで釣果に結びつけるために、何に注目しているのか?を訊いてみた。

続きを見る


Interview with

秋丸 美帆

Miho Akimaru

お気に入りは、天候に関係なく
オールマイティに使える色

雑誌取材やテレビの撮影など、全国各地のフィールドを様々な釣りで活躍する秋丸さん。
現場で感じる偏光グラス選びの重要性と、女性アングラーならではの意見を語ってもらった。

続きを見る


Interview with

村岡 昌憲

Masanori Muraoka

視覚で釣る、シーバス
デイゲームの妙味

広大な干潟といくつもの流入河川を抱える東京湾のシーバス生息数は、国内トップクラス。
そんなフィールドでデイゲーム攻略の可能性を探り続ける、
湾奥育ちの村岡昌憲さんに、TALEXレンズを選ぶ理由を聞いた。

PHOTO:SOICHIRO URA

続きを見る


Interview with

濱本 国彦

Kunihiko Hamamoto

基本を積み重ねることで
得られる楽しさ

シーバスゲームは身近な河川や湾などでビッグサイズのターゲットを狙えることで特に人気のスタイルといえる。
本業の職を持つ傍ら、時間の許す限りフィールドに立ち
ビッグサイズのシーバスを狙う濱本国彦さんに、TALEXレンズを選ぶ理由を聞いた。

続きを見る


Interview with

佐藤 偉知郎

Ichiro Sato

折れない勇気を支える視界。

スピニングタックルによるキャスティング、スタンディングファイトという拘りのスタイルで
巨大クロマグロに挑み続ける佐藤偉知郎さん。
常にカラダを鍛えぬき、ただただ情熱をもってこの釣りを追求してきたことが、
今多くのメディアの注目を集めている。
彼が人生を掛けて挑むマグロゲームとは、どのような“釣り”なのか。
そして積み重ねてきた経験のなかで辿り着いた彼のフェイバリットカラーと
TALEXレンズを使い続ける理由を訊いてみた。

続きを見る