ANGLER'S VOICEアングラーズ ボイス

BASS FISHING

Interview with

Toshinari Namiki

高品質なレンズセレクトは
釣りの精度を向上させる

1投でも多くキャストし、1秒でも長く水中でルアーをとどめておきたい並木さんが見つめる先は常に水面だ。
薄暗い早朝から水面をボートで滑走し、あらゆる悪天候でも釣りをしてきた並木さんに、
偏光グラスに対するこだわりを語っていただいた。

偏光グラスは水中の情報を捉え、同時に目を守る重要なギア
偏光グラスを使うことで得られるメリット、それは光の眩しさの軽減はもちろん、水面のギラツキを抑える効果によって水の中がよく見えること。どこに水草が生えてるとか、どこに岩が沈んでいるなど、釣るために必要な情報を得ることができるし、魚影も見やすくなるからサイトフィッシングには必須アイテムだよね。あとキャスト時の空中にあるラインも見やすくなるから、釣り全体の精度は確実に向上するよ。
それ以外に目を守る役割も大きいよね。横殴りの強い雨のなか、ボートで移動する際には偏光グラスがないと目は開けてられない。あと、根掛かりを外しているときに不意にルアーが飛んできたり、一緒に釣りをしているアングラーのルアーが飛んできたりして目の事故に繋がった例もあるからね。フィールドで偏光グラスを掛ける、この行為は釣りを永く楽しむという意味でも大切なんだ。
TALEXレンズの魅力は品質の高さと軽さ、そして豊富なカラーバリエーション
TALEXレンズの魅力は、その品質の高さ。品質の良くない偏光レンズだと、にじんで見えたり端のほうが歪んでいたりするから視界がクリアじゃないんだ。だけど、TLXシリーズのTALEXレンズはレンズを無理やり入れてないから端の方まで違和感がない。だから、透明感のある視界を広く確保できるんだ。なるべく広角でいろんな方向を見たいのに、ちょっと目を横にやったら見えないんじゃ困るしね。だからTALEXレンズの品質はありがたいよ。プラスチック製だから軽いっていうのも魅力のひとつだね。また、カラーバリエーションが極めて豊富だから、自分にあったチョイスができる。進化していくフィッシングスタイルに合わせて、新しいレンズカラーが追加されるのもうれしいよね。
3つ選ぶなら、トゥルービュースポーツ、ラスターオレンジ、ビスタイエロー
自分は目が良い方でもないし、あまり暗くならないレンズカラーが基本的には好きかな。TALEXのレンズカラーはどれもスペック以上に明るく感じるので助かってるね。でも、光の量に合わせてスペックの違うレンズカラーに換えると、さらにメリットがあることは覚えておいて欲しい。見える情報量が全然違うからね。
朝夕の薄暗い時間帯は活性も高いし、小さな変化も見逃したくないから、イーズグリーンやビスタイエローなどのイエロー系をよく使う。トーナメントのスタート時間は結構薄暗いんだけど、その暗さをあまり感じないから安全に移動も出来るし、ストレスなく釣りに集中できてるよ。日差しが強くなってきたらラスターオレンジ、トゥルービュースポーツなどの万能系のレンズカラーを選ぶようにしてる。サイトフィッシングに拘らないシーズンならナチュラルなトゥルービューもオススメだよ。釣りだけではなく車の運転にも愛用してる。とりあえず3つ選ぶとしたら、トゥルービュースポーツ、ラスターオレンジ、ビスタイエローの3つがあれば完璧だね。自分の場合、レンズカラーを途中で変えると目の感覚が変わるから、朝マズメは明るい色を使って7時~8時になったら日中のものに変える。夕方15時~16時になってちょっと暗いなと思ったらまた変えるくらい。だから、レンズカラーは最低でも2つは必要。3つ持っておけば問題ないね。
年齢によって見えやすいレンズカラーは変化してくる
年齢を重ねて見えにくくなってくると、日中でも明るいレンズカラーの方が見やすく感じてくる。これは自分だけじゃなくて、他のアングラーでも同じことを言う人がいるんだ。若い人はトゥービュースポーツなど標準的な濃さでいいんだけど、年取ってきて老眼ぽくなってきたら、ラスターオレンジとかにすると見やすいって人は多いよね。自分はサイトフィッシングのときには昔からブラウン系を好んで使ってきたけど、最近はコントラスト性能だけじゃなく明るさも欲しいと感じていたんだ。
そこにピッタリだったのがラスターオレンジ。今、間違いなく使用頻度が一番高いレンズカラー。明めの色だけどスタンプなどのボトムに沈んでいるカバーがはっきりと影が出て見やすいんだ。イエロー系を使うほどじゃない光量のときに、このラスターオレンジは最高のカラーだね。岩とサカナの違いもシルエットで認識できるから、サイトフィッシングでは手放せいないね。このラスターオレンジにミラーを入れたモデルをよく使ってる。ミラーを入れると若干暗くなるけど、日中なら自分はミラー入れたい気分が多いんだ。サイトフィッシングで、少しでも水中の変化を見逃したくないときはミラーじゃないハードマルチコートを使うけど、そこまで求めないときはシルバーミラーのタイプを選ぶかな。
キャップに干渉せず顔にフィットする完全釣り仕様のDAIWA TLX003
DAIWA TLX003は自分がプロデュースしたモデルで、レンズはもちろんTALEX。釣りをしているときにちゃんと使えるフレームかどうかを第一に考えて、キャップを深くかぶっているときもフレームがじゃまをしない形に設計してあるんだ。あとは、顔にピッタリフィットするから後ろから光が入りにくい。レンズの内側が反射で光らないから水中やショアが良く見えるし疲れにくいよ。もちろん風の抵抗も抑えられるから強風で飛ばされにくいしね。こういう顔にフィットするタイプはレンズが曇りやすかったりするんだけど、このフレームはベンチレーションを設けて空気を通すから曇りにくいんだ。釣りをする上でストレスを感じないこだわり抜いた形になっているよ。

並木 敏成 なみき・としなり

人気・実力ともにトップクラスの日本を代表するプロフェッショナルアングラー。本場アメリカで戦い抜き、国内のあらゆるフィールドで釣りをしてきた豊富な経験を様々なバスタックルにフィードバックしている。

TALEX直営店

PROSHOP & SHOWROOM TALEX では、
フルラインナップのレンズカラーを常時展示。
あなた自身の目で体感いただけます。

全国のPROSHOP

経験豊富なプロの眼鏡店スタッフが、
あなたにベストな偏光グラス選びを、
お手伝いさせていただきます。

アフターケア

TALEX 認定プロショップでの専門的なメンテナンスから
ご自宅で出来る簡単なお手入れ方法など
ザ・レンズ TALEX をご使用いただく際のお役立ち情報