ANGLER'S VOICEアングラーズ ボイス

EGI FISHING

Interview with

Masataka Yukawa

このレンズがあれば
エギングはもっと楽しめる

信頼できる視界で、効率よくポイントをまわれば釣果は必ずアップする。
それを自らの釣果で実証してきた湯川 マサタカさん。
彼がデイゲームエギングで偏光レンズに何を求めているのか?
そして、TALEXレンズを選ぶ理由を聞いた。

湯川さんの釣りのスタイルとこだわりを教えてください。
以前からそうですが、手軽に楽しく出来るショアエギングというスタイルをこれからもっと確立していきたいと思ってます。ボクが、基本デイゲームしかやらない理由も実はそこにあるんです。夜釣りでしか狙えない赤系狙いは別として、明るい時間帯で釣ってこそ、この釣りの楽しさって人に伝わると考えています。一人のアングラーとして客観的に見れば、ボクがどこをどう狙ってイカを釣っていくのかを見れた方がいいじゃないですか。真っ暗じゃ伝わらない。ボクがデイゲームで情報発信することで“エギング、ちょっとやってみようかな”って一人でも思ってくれれば嬉しいですね。それがこだわりです。
ショアのエギングは厳しくなっていると聞きますが?
デイゲーム、確かに厳しくはなってます。昔みたいに手軽にどこでもという感じではないのは事実。でもキッチリ狙えば、デイでも釣果は得られるのは今でも同じです。そのキッチリ狙うためにTALEXは絶対に必要なギアです。
湯川さんが思うショアエギングで釣果を得るポイントを教えてください。
シーズンによっても多少異なるので一概には言えないですけど、絞り込んだエリアでの回遊待ちと、多くのエリアをラン&ガンする。釣果を稼ぐにはこの二つの方法があります。 両方にいえることですが、シーズン的な要素よりも時間帯と潮の動きをどう読むかがキーポイントだと思います。これは地元の和歌山だけじゃなく取材の遠征先でも答え合わせをして感じたことなので、間違いないと思います。
では、時間帯と潮の動きから選んだポイントでTALEXはどんなメリットをもたらしていますか?
誰でも実感できるラン&ガンで説明しますね。ボクは目ぼしいポイントだけを1投ずつしか打たないスタイルなんです。その時にストラクチャーであったり、ベイトであったり、潮のヨレだったりとか、とにかく投げ入れるポイントを見極めたいんです。多くのエリアを短時間でまわるには、確実に必要な情報が見えるという要素が絶対的な条件になるんです。
では、ラン&ガンで特に見るものは何ですか?
見たいのはベイトとシモリのボリューム、そして地形の変化です。フィールドに着いて見渡した時に、シモリの存在自体は多分どの偏光レンズでも見えると思うんです。でもTALEXのレンズなら、そのシモリの周囲の色変化が情報として見える、これがとても重要なんです。例えば、シモリの沖側の水の色が淡くて、手前が黒っぽく見えてるとします。普通は、沖側が深くなってると思いがちだけど、この場合、シモリがテーブル状に沖へ伸びていて沖側の方が浅いってわかるんです。これが見分けられることで、奥を打つのか、手前を打つべきか、右を通すべきか判断できるし、何よりキッチリ攻めることが出来るんです。アバウトにしか見えないと、攻め方も曖昧だし、もう二、三投してみて判断することになる。その瞬間はわずかな時間かもしれないけど、一日10箇所以上まわりたいと思っているボクにはその数投が時間のロスなんです。短時間で多くの場所を効率良くまわりながら、確実に打っていくにはTALEXの透明感や色再現はなくてはならない要素です。
湯川さんのフェイバリットレンズカラーはどれですか?
結構色々なシーンで使ってきましたけど、今はトゥルービューとイーズグリーンがメインですね。ただ、冬の釣り、黒潮が接岸してくる時期だけはラスターオレンジなんですよ。全部試したなかで、これが一番見たいものが見えてマッチしてますね。具体的には、黒潮が接岸したときの色って潮色が濃いブルーなんですね。この時にラスターオレンジだと、よりクリアに見えるんです。水中にあるベイトやシモリはもちろんだけど、潮の動きが明確に見える。動いたな、とか今から活性が上がるなといった、変化する起点が断然察知しやすい。黒潮の接近しない地域で良いかというと正直わかりませんが、ボクのよく通う潮岬などでは間違いなく顕著ですね。赤系のデカイのを狙うには、この変化する起点がキーになるのでラスターオレンジはハズせないですね。
TALEXを組合せるフレームには、こだわりがあると伺いましたが?
一般的に、釣りで使うとなると軽さやズレにくさという機能性を重視される方が多いと思います。もちろん、それは正しいことで間違ってない。でもボクは機能性よりもカッコよさとかオシャレかどうかを基準に選ぶようにしています。レンズには信頼おけているわけだし、フレームには自分のスタイルを取り入れたい。普段、街でも使えるカッコイイデザインのフレームとTALEXを組合せて、逆に自分がそれに合わせていければ良いかなと。本業がファッションや美容をしてるので、ウェアの色とのバランスにも気を使うことを忘れずに手を抜かないように意識しているつもりです。

湯川 マサタカ ゆかわ・まさたか

和歌山県在住。普段は笑顔で周囲を盛り上げるキャラクターながら、いざ水面を前にすればストイックかつアクティブにフィールドを駆け回る。目からの情報で瞬時に潮の状況を判断し、研ぎ澄まされた感覚でショアを攻略するエギンガー。

PROSHOP&SHOWROOM TALEX

TALEX直営店

詳しく見る

PROSHOP

全国のPROSHOP

詳しく見る

AFTER CARE

アフターケア

詳しく見る