ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

  • TOP
  • TALEX STORE
  • レンズカラー別で選べる!サングラス特集

レンズカラー別で選べる!サングラス特集

あなたにぴったりなレンズ選びで、快適な夏を過ごしませんか?

ギラギラした太陽に厳しい日差しと照り返し。一転して天気が崩れて雨が続く日もある、暑い夏を乗り切るには実はサングラスがマストアイテムです。

一口にサングラスといっても、様々な選び方があるのをご存知でしょうか?特にレンズについては意外と知られていない選び方があるんです。

あなたにぴったりな選び方を見つけて、夏をもっと快適に楽しく過ごしませんか?


実は、好みの見え方やシーンによって「最適なレンズ」というものが異なります。
そこでレンズを選ぶ際は、「可視光線透過率」と「レンズカラー」の組み合わせで選ぶのがポイントになります。



例えば、可視光線透過率が0%の場合は瞳に全く光が入らない真っ暗な状態を指し、反対に可視光線透過率が100%の場合、光を遮る物がなにもない、裸眼と変わらない状態を指します。

つまりサングラスのレンズカラーが濃いものは可視光線透過率の数値が低く、レンズカラーが薄いものは可視光線透過率の数値が高いということになります。

そして、TALEXではレンズカラーを3つのグループに分けてラインナップしています。


・明るく鮮明に見える【イエロー系】
・自然のままに見える【グレー系】
・シャープで立体的に見える【ブラウン系】

こちらの3つの色の組み合わせのバランスによって、見え方が大きく異なります。


意外かもしれませんが、少し暗い瞬間にもサングラスは活躍します。
梅雨が明けても突然の雨が多い夏。曇天で暗い場面でも明るい視界をお届けし、雨による光の反射をスッキリ抑えるには、可視光線透過率40%のイエロー系レンズのイーズグリーンがおすすめです。



普段使いであれば、裸眼と比較しても色の変化が少ない可視光線透過率30%のグレー系レンズがおすすめですが、より眩しさを抑えたい方は可視光線透過率が12%とさらに低いトゥルービューフォーカスがおすすめです。


こちらもおすすめ:FLAT01 マットブラック



俊敏に動く対象物を目で捉える必要があるアクティブなスポーツやドライブシーンには、コントラストを高める可視光線透過率30%のブラウン系が適しています。
目元が優しい印象になると女性の方にも人気です。





最後に、今回ご紹介の中で可視光線透過率75%と最も高いブラウン系レンズがモアイブラウンです。PC作業、蛍光灯による目疲れを軽減。屋内はもちろん夜間の運転で感じる対向車のヘッドライトの眩しさも抑えてくれます。



この記事の商品

快適な夏のためのサングラス

close
close