ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

スタッフブログ

春の行楽におすすめ紫外線予防3選

2018.06.01 Fri.

みなさまこんにちは。気温もグーっと上昇し、なにをするにもわざわざ外に出たくなる季節がやってきましたね。屋外で過ごすとなんだかいつもより疲れたな… といった経験をされたことはございませんか? それは紫外線が原因しているかもしれません。今回は行楽にぜひ取り入れていただきたい紫外線予防方法をご紹介いたします。男女問わず取り入れていただける内容です。ぜひご一読いただければ幸いです。

サングラスで疲労軽減

 日焼け止めの使い分け

 ポップアップテント

まとめ

サングラスで疲労軽減

春の行楽でおすすめの紫外線予防アイテムをご紹介します。過ごしやすい気温でピクニックやレジャーが気持ち良い春がやってきました。

休日の日中はご家族や仲間とわいわい、公園や広場で過ごされる機会も増えるシーズンですが、みなさま紫外線予防は万全でしょうか?

紫外線は肌を黒くするだけではなく、たくさん浴びてしまうと疲労にも繋がってしまいます。日焼け止めクリームや帽子など定番アイテムと合わせてサングラスを着用されることをおすすめします。サングラスは単に眩しさを防ぐだけではなく、着用することで瞳に受ける紫外線の侵入を防ぎ、メラニンを増やすホルモンの生成を抑えます。結果、疲労感も軽減することができます。

サングラスをお選びになる際の注意点ですがUVカットときちんと記載された商品をお選びください。レンズの色が濃くてもUVカットがついていないと逆効果です。レンズが濃いと光を取り込もうとする自律神経の働きにより、瞳孔が大きく開きます。UVカットがついていないレンズはとっても危険で、大きく開いた瞳孔に容赦なく紫外線が侵入してしまいます。

サングラスは日焼け予防も疲労軽減も兼ねることができる、この季節にも持ってこいの便利アイテムです。ご存知なかった方はぜひ取り入れてみてください。

日焼け止めの使い分け

続きまして日焼け止めクリームの使い分けについてのご紹介です。

女性はよくご存じかと思いますが、日焼け止めにもいろいろな種類があり、季節や用途に合わせて使い分けをすると便利です。私も日焼け止めクリームユーザーで、春の行楽、バーベキューはもちろん、夏のキャンプにも必ず日焼け止めを使っています。7月~8月にかけては通勤時や外出時も日常的に使っています。

肌焼け防止ではなく、サングラスもそうですが日焼け止めをして外出すると帰宅した後の疲労感が違うんです。野遊びはついついはしゃいでしまって、いつも以上に体力を消耗してしまいますので、サングラスと日焼け止めは必須アイテムです。

さて使い分けですが、クリーム・ジェル・スプレー・パウダーなど様々なタイプがありますが、春の行楽では手を汚さずにサッと使えるスプレータイプを使うことが多いです。7月8月の海水浴や川遊びには、水に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

女性はもちろん男性にも紫外線対策の参考になれば幸いです。

ポップアップテント

公園にわざわざテント? 大げさじゃない? と思っていましたが、アウトドアグッズはデザインも性能もすっかり進化を遂げていて、全くそんなことはありませんでした。簡単に組み立てられそうで、安価なラインナップも豊富にあり、素人の私でも使ってみようかな? と思う商品がたくさんあってビックリしました。

春から初夏にかけての行楽用にポップアップテントを購入して実際に使ってみることにしました。

公園など影のない屋外で直射日光を避けられ、快適な空間を簡単に作ることができすごく便利でした。生地にはUVカット機能がついている物もあって、テントの中に入ってしまえば紫外線対策はバッチリ。設営もらくらく。袋から出すだけでテントがボ~ンとできあがり面倒な組み立ては一切ありませんでした。たたむのも慣れてしまえば簡単、コンパクトに収まる優れものでした。

専門店に行かなくても、シーズン中はホームセンターなどでも取り扱いがあります。

皆様もぜひ、紫外線対策に日焼け止めクリームやサングラスと合わせてポップアップテントもご活用されてみてはいかがでしょうか。

今回の木下ブログいかがでしたか?

行楽シーズンのUVケアには、サングラスと合わせて今回ご紹介した日焼け止めクリームやポップアップテントも合わせてご活用されてみてはいかがでしょうか。

個人的にはポップアップテントが思いのほか重宝していて、サングラスと合わせて行楽シーズンの紫外線対策のマストアイテムになっています。今回も木下ブログにお付き合いいただきありがとうございます。次回のブログもご期待ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ記事を書いたスタッフ

木下 誠MAKOTO KINOSHITA

  • 好きな場所/神社
  • 趣味/雑巾がけ
  • マイブーム/市販のルウを使わずにスパイスだけでカレーを作ること

このスタッフの記事一覧へ

close
close