ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

スタッフブログ

見ると欲しくなってしまいます!

「こんにちは。前にオーダーしていたサングラスの受け取りに来ました。」

「へぇー、おしゃれなお店! ほんとうにサングラスばっかりですね。」

サングラスが完成し、お引き取りにご来店いただいたお客様が、お連れ様と一緒にご来店されました。

「そうなんよ。この人にも前みたいに偏光レンズの説明してあげて! もうね、普通のサングラスと全然違って感動するよ! これ見てみて!」

TALEXの偏光レンズは、独自に開発した高性能雑光カットフィルターを使用しているので、一般のサングラスのようにレンズの濃さで視界を暗くし、眩しさを抑えるわけではありません。雑光カットフィルターとは、レンズを通して飛び込んでくる紫外線や照り返しによる反射光などの有害な光を取り除き、目に優しい光だけを透過させる薄い膜状のフィルターのことです。

「そんなに違うんですかー?」と見比べてみると…

「うわー! 今までかけていたのと見え方がまるで違う。目がすごく楽! 偏光レンズってこんな感じなんですね。どんな時に使うものなんですか?」

偏光レンズは日常の様々な反射を抑えてくれるので、車の運転や目の健康のためなど、様々な用途でご使用いただけます。また、水面や芝目のギラつきが抑えられるので釣りやゴルフなどのスポーツにもおすすめです。

お話が弾み、レンズの説明を一通り終えると、お客様からポツリとお悩みが。

「僕ね、音楽バンド組んでてライブをするんです。ステージって場所にもよるんですけど、照明がかなり眩しくて。しかも楽譜をファイルに入れて置いているので、光が反射すると顔を動かしたり、角度変えたりしないと見えにくいんです。それで、普段もライブにも使えるイエロー系のサングラス欲しいなってずっと思っていたんですよね。」

イエロー系のレンズカラーは2色ございます。

薄暗いシーンでも明るさをキープできるイーズグリーンと、眩しさを抑えながらも明るく鮮やかな視界のビスタイエローです。

「見え方はどっちもいい感じですね。僕にはどっちがおすすめですか?」

客席やステージの明るさはその時々で変わるそうなので、明るく見えるイーズグリーンをおすすめさせていただきました。

「じゃあ、おすすめしてもらったイーズグリーンにします。フレームはこんな感じがいいなあ。」

お手に取られたのは、Zeque by ZEAL OPTICS (ゼクー バイ ジール オプティクス)/STELTH(ステルス)

「それかっこいいよなぁ。よく似合っている。僕もそれと同じフレームふたつ買ったよ(笑)」

 「ええっ、そうなんですか! 形もかっこよくて、かけ心地も僕に合っている感じがします。買うつもりじゃなかったけどずっと欲しかったし… これにします! 見ると欲しくなってしまいますね。」

オーダーいただき、隣のタジマコーヒーで一息。その後、「出来上がるの楽しみにしています。」とお店を後にされました。

眩しく感じるとき、場所は人それぞれです。ライフスタイルや自分の目に合ったレンズ選びが大切です。眩しくて目が痛くなる、何となく目が疲れやすいなど、目に関してのご相談うけたまわります! スタッフ一同、みなさまのご来店を心よりお待ちしております!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ記事を書いたスタッフ

中吉 光HIKARU NAKAYOSHI

  • 趣味/ゲーム・けん玉・食べること・御朱印
  • 好きな場所/パワースポット・家・景色の良いところ・神社
  • 今欲しいもの/クロスバイク

このスタッフの記事一覧へ

close
close