ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

スタッフブログ

「雨の日は紫外線の心配がない」は誤解です!

2018.02.26 Mon.

「サングラスをどんな時にかけますか?」という質問をされると、「まぶしい時」と答える方が多いと思います。まぶしい=快晴=紫外線や日焼けが気になるといった流れから、晴れた日にしかサングラス(紫外線対策)をしないという方が非常に多いように思います。

ですが、晴れの日と比べ量は少ないとは言え、雨の日でも紫外線は降り注いでいるのです。

雲ひとつない快晴時を100%だとすると、曇りの日で50%~80%、雨の日でも約30%は地上に紫外線がふり注ぐと言われています。つまり、雨だから大丈夫!と油断していると紫外線によるダメージをもろに受けてしまうことになるのです。

以前のブログ「目から入った紫外線で日焼け?!」でも説明した通り、目から入った紫外線でも全身の日焼けに繋がります。日焼け止めクリームを塗れる肌とは違い目はサングラスでしか対策できないので、まぶしさを感じなくても着用するように心がけましょう。

次回のブログでは「雨の日にサングラスをかけるメリット」をご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ記事を書いたスタッフ

SHIVASHIVA

  • 好きな動物/ライオン・犬・チーター・豹・トラ
  • 好きな色/BLUE(青)
  • チャームポイント/まつ毛

このスタッフの記事一覧へ

close
close