ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

スタッフブログ

偏光サングラスを知らない人は今すぐチェック!

みなさまこんにちは。今回の木下ブログは偏光サングラスを知らない方や、偏光サングラスを買おうかとお悩みの方にも、ぜひご一読いただきたいブログです。

私自身もそうですが、偏光サングラスになれてしまうとなかなか手放せなくなってしまいます。それは反射光をカットする快適な視界がすごく心地良いからです!

 

目次

 日常運転でも偏光サングラスは必須!

タウンユースでも偏光サングラスが活躍!

 仕事でも使える偏光レンズ

まとめ

日常運転でも偏光サングラスは必須!

そもそも偏光サングラスってなに? そうです。一般的にはあまり馴染みのない特殊なサングラスですが、その機能的な性質からフィッシングやスポーツといった専門的な分野においてはお馴染みのサングラスです。

わかりやすく言えば、地面からの照り返しや反射をカットする特殊なレンズを搭載したサングラスのことで、釣りやスポーツをしなくても日常的にすごく重宝するサングラスです。偏光ユーザーの方からは、一度使うと手放せなくなる! といったお声もよく耳にします。私自身、釣りもスポーツもしませんが、日常的に偏光サングラスを着用しています。特に重宝したのは車の運転です。運転中にフロントガラスの写り込みが気になったことはありませんか? ダッシュボードの上は平らで物が置きやすくなっていて、ついつい色々と置いてしまいますよね。助手席に乗る時もそうですが、小さい手荷物なんかは自然に置いてしまっています。これが全てフロントガラスにごちゃごちゃと写り込み、ドライバーの視界の妨げになっているのです。

運転をしない方には伝わりにくいですが、この写り込みはドライバーのストレスになっています。ところが不思議! 偏光サングラスをかけるとこの厄介な写り込みがスカッと消えてしまうのです。私も初めてかけた時は思わず「うわっ!」と声を出して驚いてしまいました。

タウンユースでも偏光サングラスが活躍!

 

先程もお伝えしましたが、偏光サングラスは専門的なイメージが強く、眼鏡店に行ったことがない方やスポーツや釣りをされない方に知っていただく機会が少ない事がとても残念です。私自身、釣りやスポーツは一切しませんが、偏光サングラスをもう手放せません。普段何気なく目にしている道路や歩道の植え込み… 日常のいたるところに照り返しや、反射は潜んでいます。

偏光サングラスをかけるとストレスの原因になる余分な反射や、照り返しをしっかりカットするので、タウンユースでもすごく重宝するアイテムです。

 

実際にかけていただくとわかりますが、反射がカットされるので、普段目にしている路面や草木など、さまざまな物から反射が取り除かれ視界が心地良くなります。これに慣れるともう偏光サングラスが手放せなくなります。

仕事でも使える偏光レンズ

みなさまはいかがでしょう? 偏光レンズと聞くと外でかけるサングラスのイメージを持たれますよね? 実は、室内でもかけられる薄い色の偏光レンズもあります。室内外で、かけっぱなしで使えるので便利ですよ。わかりやすくお伝えすると、うっすらと色が付いたメガネのレンズみたいなイメージです。

このうっすらと付いた色がミソ! 室内でギラギラ光るライトの反射や、青白くパキッと光るモニター等の余計な光を和らげてくれます。屋外用の偏光サングラスと違って、かけた瞬間に良さを実感する事は難しいかもしれませんが、毎日かけていると、外した時に室内でも眩しく感じるくらいです。屋内で日常的に眩しさを感じられている方は、ぜひ一度お試しください。下記、タレックス室内向けレンズです。ご参考ください。

モアイグレー

モアイブラウン

モアイパープル

今回の木下ブログいかがでしたか?専門的なイメージが強い偏光サングラスですが、日常でも重宝する場面がたくさんあります。私自身も、偏光サングラスをかけて初めて車の運転をした時は、本当にびっくりしました。今ではこれがないと車の運転が不安なくらいです… 偏光サングラスをご存知ない方や、ご検討中の方に今回のブログが参考になればと存じます。

それでは今回はこれにて失礼いたします。次回、木下ブログをご期待ください♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ記事を書いたスタッフ

木下 誠MAKOTO KINOSHITA

  • 好きな場所/神社
  • 趣味/雑巾がけ
  • マイブーム/市販のルウを使わずにスパイスだけでカレーを作ること

このスタッフの記事一覧へ

close
close