ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

ご相談窓口  0120-608-860 9:00-18:00(平日のみ営業)

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

スタッフブログ

~夢の尾長グレを求めて~磯釣りの聖地“宇和海”編 レンズ比較撮影シーンの裏側②

こんにちは!TALEX釣り隊の瀧川です。今回は愛媛県撮影の続編!

前編はこちら

2日目は、いよいよ今回のメインでもある沖磯での比較動画撮影編です。
実は私、愛媛県の沖磯で釣りをするのが昔からの夢でした。
まさかTALEXの撮影で来ることになるとは…どんな魚との出会いがあるのか楽しみです!

朝は5時前に宿を出発。夢の沖磯に渡るとのことで、私はこの日もぱっちりお目覚めです!
渡船屋さん指定の場所に到着すると建物は真っ暗、車も停まっておらず、何やら違和感。
電話で出船の確認をすると、メンテナンスで休業!?
まさかのハプニングに、慌てて近くの渡船屋さん数軒に連絡を取り、何とか磯に渡れることになりました!

磯につくと沖はかなりの爆風…
場所によっては立っているのがやっとのところもありましたが、風裏にポイントを取って撮影の準備を開始。早速ポイントにコマセを打ち込み、魚を集めます。

波やサラシによって、裸眼ではなかなか海中の状況をつかみにくいコンディションでしたが、タレックスのサングラスを着用すると一目瞭然!「魚がいなかったらどうしよう。」という不安とは裏腹に、ワラワラ魚が湧いてくるのを確認することができました!
私が普段使用しているラスターオレンジは、魚影や沈み磯をハッキリと認識でき、トゥルービュースポーツは潮の流れがとても見やすい印象でした!詳細は下記のブログを参考にしてみてください!

https://talex.co.jp/blog/?p=13274
「宇和島の磯でタレックスレンズカラーを比べてみた!」

潮止まりの時間を見計らってレンズカラーの比較動画撮影を開始。
コマセに群がる魚達。ウキとコマセの流れをしっかりと視認できますね!
続いてオーバーグラス着画撮影。私がモデルをします。撮影中に私から見えていた景色はコチラ

高活性の魚達…
※釣り隊はいつもウズウズと込み上げてくる「釣りたい!」という気持ちを必死に抑えて撮影を行っています(笑)

釣果としては、残念ながらグレの姿は確認することはできませんでしたが、30cmほどのイスズミがコンスタントに遊んでくれてしっかりと満喫することができました!

また、磯場では潮風でサングラスのレンズがかなり汚れてしまい、すりガラスのような視界に…釣り場でそのまま拭き取ってしまうとレンズに傷が入る原因となりますので、まずはしっかりと真水(またはレンズクリーナー)で潮を洗い流し、メガネ拭きでやさしく拭き上げてください。
サングラスをきれいな状態で永くご使用いただくためには、ご自宅に帰られてからのメンテナンスが大切です。

詳しくはコチラをご覧ください。
https://talex.co.jp/fishing/aftercare/

最終日は午前中のみ!少しだけ釣りをして帰阪することになりました。
北風が強かったので、風を防げる防波堤での釣行。私は朝イチでエサのアジをサビキ釣りで確保し、みんなでイカ狙い。ヤエンでの釣果はありませんでしたが、エギングで何とかコウイカを2杯ゲット!いいおみやげができました。

今回の撮影では連日風が強く、水温の影響なのかお目当てのグレには出会えませんでしたが、私の「愛媛の沖磯」という小さな夢が叶った撮影となりました!
関西ではなかなか味わうことのできないポテンシャルに終始圧倒された3日間。
いつの日かまたリベンジに行きたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログ記事を書いたスタッフ

瀧川 和也KAZUYA TAKIGAWA

  • 趣味/釣り、スノーボード
  • 今ほしいもの/車
  • チャームポイント/笑顔

このスタッフの記事一覧へ

ご相談窓口
9:00-18:00
(平日のみ営業)
0120-608-860
close
close