ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

パブリシティ掲載情報 publishing information

2000年の掲載情報

noimage

2001スキーヤーNo.4 [ 2000年12月20日発売号 ]

【Skier’s SCOPE】偏光グラスのすごい威力は
体験してみなくちゃわからない。ラスターブラウンがスキーに最適。トゥルービュースポーツも使いやすい

ラスターブラウンはギラつきとかが全然ない感じ。表面の細かな地形がしっかり見えるから、余裕をもってターンが行なえる。コントラストというか、光っている部分と影の部分がはっきり見えるのがいい。気にいってしまう。かなり長くかけていたが、疲れもなかった。

(本文中より抜粋)

noimage

MODE OPTIQUE [ 2000年12月19日発売号]

レンズ選びの基礎知識】光線から目を守る

偏光レンズの製造方法は染料系とヨード系に分けることができ・・・ヨード系は偏光度が高いが、デリケートなため製造は手作業に頼らなくてはならない。薄さわずか30ミクロンの偏光膜を、はがれにくい一体成形で製造するには高度な技術と熟練のワザが欠かせない。タレックス社は世界で唯一、ヨード系偏光レンズを一貫生産しているメーカーなのだ。

(本文中より抜粋)

noimage

KAZI [ 2000年11月5日発売号 ]

サングラス偏光レンズ「ザ・レンズTALEX」
ギラつき、映り込みをカットするスポーツサングラス用偏光レンズ海面と街角で偏光テストを敢行!映り込みをこれだけカットできた

タレックスの偏光レンズはレンズのみ単体で販売され、好みのフレームを認定プロショップ(眼鏡屋さん)で選んで加工を依頼するシステムになっている。全国150店舗の認定プロショップ(眼鏡屋さん)で取り扱われている。

(本文中より抜粋)

noimage

スキーヤー別冊カタログ [ 2000年9月10日発売号 ]

TALEX-ギラつく反射光をシャットアウトし、目に優しくシャープな視界を確保

「ザ・レンズTALEX」を使用したサングラスなら、雪面の乱反射によるギラつき、テカリを抑えるので、コブやギャップもくっきり見え、ラインどりも思いどおり。雪が積もった木々や山も美しい、すっきりした視界が得られる。

(本文中より抜粋)

noimage

ゴルフトゥディ [ 2000年8月3日発売号 ]

【THE GOLF GEAR】本物はいつも奥ゆかしい。TALEX・偏光レンズ

・・・そんなタレックスが30年以上にわたって“光学的偏光レンズ”に取り組み、日本以上に世界でその名が知られているという。紫外線に敏感な欧米人の眼を守る必需品として、高い信頼を得ているというワケだ。

(本文中より抜粋)

noimage

ロッド&リール [ 2000年7月26日発売号 ]

【釣れる偏光グラスで釣果もアップ】偏光グラス購入計画
アドバイザー:坂本健博さん(「メガネの坂本」経営&バスプロ)

(フレーム編)度なしなら顔にピッタリ沿うように
(素材編)CR39が坂本さんおすすめのレンズ
(カラー編)偏光度と透過率のバランスが見やすさの決め手

(本文中より抜粋)

noimage

ビギン [ 2000年6月16日発売号 ]

【今月のオスミツキ】TALEX偏光レンズの日常使いが常識になる

・・・そこで指定銘柄にしたいのがタレックスだ。偏光膜の染色から最終仕上げまで50以上の工程を手仕事で
自社生産。品質の高さから世界中の有名ブランドに認められている。
(本文中より抜粋 )

noimage

オートキャンパー [ 2000年6月15日 ]

【夏のアイテム】光学的偏光サングラス
日差しから目を守るなら機能第一で偏光レンズに決まり!

タレックスの場合、偏光レンズ専門になってからすでに30年の月日が流れている。早い時期から機能1本やりのレンズを作り続けた結果、現在では世界で名の通ったレンズメーカーなのだ。

(本文中より抜粋)

noimage

アウトドア [ 2000年6月10日発売号 ]

【モノ見遊山研究所】タレックス/偏光レンズ
今回は、高性能の偏光レンズを用いたサングラスを作るべく東京は表参道へ

ロイドの阿部猛さんに、タレックスの偏光レンズがいかに優れているか、どんな種類があるのかを詳しく教えてもらった。

(本文中より抜粋)

noimage

モノ・マガジン [ 2000年5月16日発売号 ]

【特集】自動車スタイル2000
ひと口にサングラスといってもさまざま

ドライブには《偏光レンズ》がいいという真実偏光レンズを世界で唯一、一貫生産するタレックス。高性能な品質は欧米でも広く知られている。

(本文中より抜粋)

close
close