ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

パブリシティ掲載情報 publishing information

2005年の掲載情報

noimage

モーターマガジン [ 2005年12月1日発売号 ]

「理想のドライビンググラス」を先行販売開始。

実際、試してみた印象は、驚くほどものがくっきり見える。これまで僕が見ていた世界とはまったく別の世界があるかんじだ。太陽光線がまぶしいときのドライビングはうんと楽になった。安全かつスムーズな運転、スマートドライビングのためには、必須アイテムのひとつかもしれない。

(本文中より抜粋)

noimage

モーターマガジン [ 2005年11月1日発売号 ]

ついに完成したコラボモデル

ついにお披露目、である。TALEXと本誌のコラボレーションサングラス、その名も“ozniS Motor Magazine Model”が、東京モーターショーのモーターマガジン社ブースでデビューを飾ったのだ。しかも、もうひとつ嬉しいお知らせがある。この商品は発売を前にグッドデザイン賞を受賞、そのすぐれた機能と斬新なデザインが、公の場でお墨付きを得たのである。そして“セーフティドライブ”というまさに本誌にふさわしいコンセプトの逸品を、ひとりでも多くの方にお試しいただけることを願っている。

(本文中より抜粋)

noimage

モーターマガジン [ 2005年9月1日発売号 ]

コラボレーションモデル完成間近

モーターマガジン誌とTALEXによる理想のドライビングサングラスの開発は、今、佳境に入っている。世界で高い評価を得ているTALEX製偏光レンズの機能を100%生かしつつ、どんな天候でも見やすく目に優しい、なによりも安全性の高い、ドライバーのためのサングラスだ。

(本文中より抜粋)

noimage

チョイス [ 2005年8月1日発売号 ]

目にやさしいアイテム選びでスコアアップを目指す

夏場のゴルフには必需品。偏光サングラスの効果とは?
カラーレンズ、トゥルービュー、アクションコパーをそれぞれ、トーナメントプロがコース内で比較検証。ティーショットを林の中に打ち込んだセカンドショットの際、「アクションコパーをかけていると、まぶしくないので狙い所で迷わない。」とアクションコパーをゴルフ用のサングラスとして高く評価。

(本文中より抜粋)

noimage

モーターマガジン [ 2005年6月1日発売号 ]

理想のサングラスを作ろう!

形状は機能に従う。ならばサングラスもそうあるべきだ。ドライバーが求める機能を完璧に満たした理想のドライビングサングラスとは何か。TALEXと本誌は、それを実現するプロジェクトに取り組むことになった。おなじみのジャーナリストと、そのコラボレーションモデルの方向性を探る。石川芳雄さん:どんな天候のときでも見やすくなる。それが理想のサングラスですね。こもだきよしさん:いいサングラスというのは、安全運転に大いに貢献するんです。

(本文中より抜粋)

noimage

ルアー・マガジン [ 2005年5月26日発売号 ]

TALEXの目に優しい偏光サングラスで快適な釣りを楽しもう!!

「サイトフィッシング」に欠かせない偏光サングラス!もちろん、釣果を左右するだけでなく、紫外線予防や不本意の事故防止など目を守るためにも是非揃えたい必須アイテムだ!

(本文中より抜粋)

noimage

バスギアカタログ2005 [ 5月10日発売号 ]

噂のレンズがベールを脱いだ CACCHU DEBUIT!

偏光レンズで長年にわたり信頼と実績を誇るタレックスが、また新たな壁を破った。ずば抜けたハイインパクト(耐衝撃性)を持つ偏光レンズをリリースしたのである。その強度は驚異的だ!目に有害な紫外線をかっとするのはもちろん、フィッシングユースにおいては、衝撃からのプロテクト機能もレンズには要求しなくてはならない。今まで、誰もこだわっていなかったレンズ強度の重要性をカッチュウがアングラーに提案する。

(本文中より抜粋)

noimage

モーターマガジン [ 2005年5月1日発売号 ]

世界初、究極のサングラス“ozniS”

芸能人やスポーツ選手がかけている外国製サングラスを買ったけれど、いまひとつフィットしないし、なんだか目が疲れてしまう…。おそらくそんな人は多いはずだ。実はそれも当然のこと。サングラスはデザインだけでなく、レンズを生かす機能が大切なのだ。世界初のこの機構によって、どんな顔の大きさや形状でもピッタリとフィットし、なおかつ偏光レンズの性能を完璧に引き出せる、究極のサングラスが実現した。この機構は国際特許出願中という。

(本文中より抜粋)

noimage

ルアー・マガジン [ 2005年4月26日発売号]

「バスアングラー対応」失敗しない偏光レンズの選び方

偏光の要といってもいいのがレンズタイプだ。偏光レンズならなんでもいいと思っては大間違い。
天候によってカラーを選択し、目的にあわせて素材を選んでいくのがポイントだぞ。
(本文中より抜粋)

noimage

モーターマガジン [ 2005年4月1日発売号 ]

世界最高を支えるノウハウ

サングラスをかけていると頭や目が痛くなる、という方はいないだろうか。じつはサングラス、中でも高い機能を持つ偏光レンズを高品質で生産するには、想像を絶するノウハウが必要。「偏光フィルターを製造後、性能が安定するまで数ヶ月寝かせて熟成させるのもノウハウなら、レンズを成形するガスケット(型)まで自社で開発するのもノウハウ。だから、当社の工場は秘密の塊なんですよ。」ということで、主要工程は紹介されていませんが、その製造に対する注意深さと手間のかけ方に、「このレンズが日本で生まれたことを、私たちは世界に誇っていい。」

(本文中より抜粋)

noimage

モーターマガジン [ 2005年3月1日発売号 ]

ボクの一生手放せないギア byこもだきよし氏

クルマのメカニズムにこだわる以上に、よりよく見えるためのアイウエアにはこだわるべきだと思う。今や空気も水もフィルターを通す時代。安全と健康のために、光だって、よいフィルターを通すべきなのだ。

(本文中より抜粋)

close
close