ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

TALEX POLARIZED LENSMAKER SINCE1938

MENU

パブリシティ掲載情報 publishing information

2010年の掲載情報

ENGINE2010.7月号 [ 2010年7月発売号 ]

【外したあとでも、ありがたいレンズだ】
ドライバーにとって良いサングラスとは?防眩とオシャレのためにサングラスを多数所有している久島氏が、TALEXの偏光レンズの恩恵を実感した。

タレックスの偏光レンズはドライバーにとってどうでもいい情報を消し、必要な情報のみを見せてくれる。私は真実を見る目を持ったウルトラ・ジャーナリストへと変身した気分になった。

(本文中より抜粋)

詳細はこちら

BMW2010vol.45[ 2010年7月発売号 ]

【かけたことをうっかり忘れるふわっとした、優しいかけ心地】
驚くほど軽いだけにかけていてもズレにくくフィット性が高く着用感も快適

眩しさを抑えるだけではなくTALEXの偏光レンズを持つサングラスであれば、雑光を取り除くことで目はもちろん長時間の運転になれば体の疲れさえも軽減してくれる。フレームのかけ心地に問題があると着用すること自体にわずらわしさを感じることがある。そんな不満をいっさい排除したのがozniS XII FACE RXだ。

(本文中より抜粋)

MODE OPUTIQUE vol.30 [ 2010年6月発売号 ]

【もっと見える!!タレックスの新コンセプト「モアイレンズ」登場】
もっと楽によく見たい。雑光と疲れの関係

「目だけではなく、体の疲労軽減にもつながる」ことが明らかになった。眼鏡嫌いもかけたくなるほど、モアイレンズの見えやすさと掛けやすさは優れているのだ。また、白内障の手術を行った方たちから喜びの声があがっている。

(本文中より抜粋)

アユ釣りマガジン2010 [ 2010年4月発売号 ]

【名手の視界を手に入れろ】
本気でこだわるアユファンにこそ、知って欲しいオーダーメイド偏光グラスのパワー!

自分の目に合ったレンズを自分の顔に合ったフレームと組み合わせることで、ハイシーズンが夏場となる鮎釣りでも眩しさや見にくさを抑え、確実に釣果を伸ばす武器を手に入れることができる。

(本文中より抜粋)

BMW2010vol.44 [ 2010年4月発売号 ]

【雨天や夜間でも上質な視界を!!「もっと見える」MO’EYE LENS】
雨の日の夜に運転すると路面の白線が見えにくい。誰もがそんな経験をしていると思う。危険でもあるし疲労の原因にもなる。そんな負担を軽減するレンズがある。

「もっと見える」をテーマにしたMO’EYE LENS(モアイレンズ)の販売が開始された。この雑光カットレンズは、室内で誌面、あるいは床やテーブルから跳ね返ってくる雑光を取り除くことで、かすみ目やぼやけ目の原因を防ぎ視力が向上したような実感さえ得られるという。

(本文中より抜粋)

カーグッズ・マガジン2010.4月号vol.111 [ 2010年4月発売号 ]

【見たいものがクッキリ!】
偏光レンズが雑光を取り除き景色を見やすくする

歪のない高精度レンズと色の自然な再現が目の疲労を低減して運転を快適に。

(本文中より抜粋)

ENGINE2010.2月号 [ 2010年2月発売号 ]

【サングラスは嫌いだった……。】
“見えることの大切さ”を実感しているという谷口選手が、TALEXの偏光レンズ体験を語りおろす。

サングラスなんてただのカッコつけだと思っていたが、タレックスの偏光レンズは視力が上がったみたいによく見える。先行車のテール・ライトの光の輪郭がボヤけず、ピントがピシッと合う。ストレスがないどころか、むしろ嬉しいサングラスだ。

(本文中より抜粋)

詳細はこちら

BMW2010vol.43 [ 2010年発売号 ]

【運転中の視覚情報にこだわりを!】
ドライビング時の着用を前提に質の高い視界を提供するTALEXの偏光レンズを用いたサングラスだ

運転中の目の疲れを抑えれば長距離走行時の疲労が軽減する。TALEXの生産工程はその60%が手作業。品質管理項目は6000以上に達する。そこまで徹底しているからこそ、TALEXのメッセージとなる「びっくりするほど、目に優しい!」偏光レンズが生まれるわけだ。

(本文中より抜粋)

close
close