TALEX OFFICAL BLOG

TALEX OFFICAL SITE
TALEX OFFICAL BLOG
2017.01.13Fri.

近くのモノが見えにくくなった時、必要なアイテムとは? メガネの人編

 

105

 

前回の薮下ブログでは、普段メガネをかけていない方が、近くのモノが見えにくくて困った時どんなアイテムを手に入れれば、快適な生活を送れるのかを実例と合わせてご紹介しました。

 

今回は、普段メガネをかけて生活されている方が、近くの小さいモノが見えにくくなったとき、どのようなアイテムが必要なのかをご紹介させていただきます。

 

まず、普段メガネをかけていない方にお話したように、どうようなシチュエーションで近くて小さいモノが見にくくて困っているのか?をハッキリさせることが、とても重要です。

 

例えば、“いつものメガネをかけて初めて合う方との商談や打合せのとき”挨拶をして名刺交換まではいいけど、いただいた名刺の住所やメールアドレスがピンぼけで読めない。なんていうのが代表的なパターンですね。

 

なぜ、そうなるのか?それは、今あなたがかけているメガネが遠くをしっかり見るために作られたモノだから。年齢を重ね、近くのモノにピントを合わせる目の中の筋肉が衰えたのに対して、信号や人の顔など遠くが見やすくなるように作ったメガネでは度数が合っていないので、近くの小さいモノのピントが合わなくなってしまうのです。

 

そんな、あなたの悩みを解決する二つのアイテムをご紹介しましょう。

 

 

その1◆名刺はもちろん、デスク周りにあるモノがハッキリ見やすくなるメガネ。

 

信号や人の顔など遠くのモノが見やすい、今のメガネの度数を少し弱めて(遠視の方は強めて)パソコンのモニターがハッキリ見えるくらいの度数で作ったメガネを手に入れる!

 

このメガネなら名刺の住所など小さい文字はもちろん、スマホの小さい文字も見たい位置で見えるようになります。「それは助かる!」と思った方、少し待ってください。このメガネにはデメリットがあるんです。

 

【デメリット】

105 (2)

 

デスク周りなど、身の回りにあるモノは見やすくなるけど、今までのメガネでよく見えていた道路の標識や信号などは、逆に見にくくなってしまい、車の運転などには使えません。そう、このメガネは身の回りのモノ(距離)だけが見やすくなる専用メガネだということ。

 

つまり、車を運転するには今までのメガネにかけ替えないといけなくなる。メガネを二つ持ち歩くかないといけなくなるわけです。

 

「仕事で車の運転はあまりしないから大丈夫」という方。電車で外回りの営業に出たとします。このメガネでは、駅のホームにある掲示板はピンぼけで見にくくて結構困ります。

 

 

その2◆メガネの下側部分で見ると小さい文字が見やすくなって、上側でみると遠くのモノもクッキリ見えるメガネ。

 

ennkin2017

 

※画像のように、メガネのレンズ上側にはいつもの度数、下側にいくに従って、近くが見やすい度数になっている特殊な度付きメガネ。(一般的に遠近両用レンズと呼ばれるメガネ。遠くも近くも見えるから、遠と近、両方に使えるレンズという意味。)

 

このメガネがあれば、名刺の小さい文字はメガネの下側でハッキリ見えるし、駅の掲示板を見るためにはメガネの上側を使えばバッチリ見える!さらにメガネの真ん中では、パソコンモニターの文字がちょうどいい感じになります。まさにオールインワン!ですね。そう、「その1」にある、メガネ二本を持ち歩く必要がなくなるわけです。便利でしょ?でも、少し待ってください。このメガネにもデメリットはあります。

 

【デメリット】

105 (4)

 

それは、それぞれの視野が狭まること。今まで遠くがバッチリ見えていたメガネと比べて近くが見やすい部分が下側にあるため、遠くの景色を見たいとき視界が邪魔されてしまう。逆に近くの小さいモノを見たいとき、メガネの下側だけでしかピントが合わないため、A3サイズの資料だとちょっと苦戦するかもしれませんね。

 

あと、上下でピントの合い方が違うため、いつもの感覚で目線を振ると景色が揺れてなんだか気持ち悪い。視線の使い方さえ慣れてしまえば問題ないですが、最初は違和感を感じる方が多い。それがこのメガネのデメリットです。

 

※補足

遠近両用レンズと同じような設計に中近両用や近々両用などもあります。これは仕事で刺繍作業をされる方や、オフィスワークがほとんどで事務所からは殆ど出ない、なんて方に合わせた専用のモノ。これは、また別の機会に解説しますね。

 

 

じゃあ、結局どっちを選べばいいの?

 

105 (5)

 

自分がどっちを使えば快適に仕事ができるのか、判断できない…。

 

そこで老眼中級者の私から提案です。メガネ屋さんに相談しに行ってみてください!あなたの仕事や生活のなかでどうようなシチュエーションで近くて小さいモノが見やすくなれば快適になるのかをしっかり伝えてくださいね。

 

同じ悩みを持った人をたくさん見てきたメガネ屋さんなら、それぞれの目の状態や困っているシーンに合わせて、どんなアイテム(見やすくするメガネ)を提供すればその人が快適に生活できるのかをよーく知っています。

 

さらに!

メガネ屋さんなら実際にメガネを作る前にどんな見え方なのかを試せます。

 

1.名刺はもちろん、デスク周りにあるモノがハッキリ見やすくなるメガネ

 

2. メガネの下側部分で見ると小さい文字が見やすくなって、上側でみると遠くのモノもクッキリ見えるメガネ。

 

この二つのメガネを作ると、近くの小さいモノがどんな風に見えるのか?あるいは遠くを見ると、どんな風になるのか?などなど。これらを自分自身の目で実際に試すことができるのです。

 

105 (6)

 

どうようなシチュエーションで近くて小さいモノが見やすくなれば快適になるのか?」を思い出して、お店にあるモニターやカタログ、外の景色を見比べれば、きっと答えが出るはずです。

 

 

●番外編

 

普段かけているメガネを外すと、近くのモノがクッキリ見えるから全然大丈夫!という方がいらっしゃると思います。そんな方にオススメのメガネをひとつご紹介しますね。

 

あなたは、比較的弱い近視で左右とも同じくらいの視力(だいたい0.5くらい)という方のはず。確かにメガネを外して裸眼で見ると、名刺の住所もバッチリ見えることでしょう。けれども、仕事中、不意に渡された小さな文字の資料を見るとき、いちいちメガネを外さないといけないですよね?意外に面倒ではないですか?そんな方にオススメのメガネをご紹介します。

 

Print

 

フリップアップタイプのメガネ、日本語では、跳ね上げ式といわれるメガネです。画像でわかるように、メガネ枠の上側に丁番コマがついていて、遠くを見るとき用のレンズ+枠部分だけ、ヒョイと上に上げることができるのです。このメガネなら、わざわざメガネを外さなくてもメガネを外したときと同じ視界になるんです!便利でしょ?このメガネもメガネ屋さんにあるはずなので、ぜひ相談してみてくださいね。

 

おそらく、この記事を最後まで読んでくださった方は40~55歳くらいのはずです。近くのモノが見にくいと感じていたけど、頑張ってこられた…はず。特に、生活に欠かせないスマホの文字には苦労されていたのではないでしょうか?

 

「フォントサイズ」設定で小から中に。ついには中から大に…。家族や会社の同僚から「えっ?文字、大き過ぎでしょ?」と言われたときは、さすがに凹みますよね。そのタイミングがメガネ店に相談に行くタイミングなので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

次回の薮下ブログは、「近くのモノが見えにくくて困った時、どうすればいいの?」まとめた記事とさせていただきます。

 

Print

 

RSS
2017.01.12Thu.

サングラスのフレームに寿命に関して

 

フレームで1番影響を受けるのが「肌に当たっているパーツ(部品)」になります。

 

104

 

汗や皮脂がフレームを劣化させてしまう大きな原因となるのです。フレームは汗や皮脂を吸収し、変色してしまったり、カビを発生してしまう恐れなどもあります。

 

見た時にわかる症状としては「パーツが白く濁ってしまう」「黄ばんできた」といったことが発生していれば、交換が必要なタイミングとなります。

 

フレームにはいくつかの種類がありますが、どのフレームもほとんどが肌に当たる部分はプラスチック製のパーツが使用されています。もし、劣化が見られた場合に修復する方法があるのか?金属製のフレームは肌に当たっているパーツが交換可能になっているものが多いですが、プラスチック製のフレームは枠ごと交換しない限り、元に戻すことは難しくなっています。

 

他にも、プラスチック系のパーツは経年によって水分を失って固く白くなってしまうこともあり、これがおおよそ3年~5年くらいで交換時期になると言われています。

 

もし、上記のような状態が確認されたら、サングラスを新調されるか、パーツを交換する必要があるとお考えください。

 

次回は「サングラスのフレームの寿命を延ばすことは可能?」についてご説明いたします。

 

ブログ プロフィール松村

RSS
2017.01.11Wed.

偏光レンズとは

 

みなさまは“偏光レンズ”をご存知でしょうか?

 

「聞いたことはあるけど、実際どんなものかは知らない」という方が多いのではないでしょうか?

 

偏光レンズとは、レンズの中に「偏光膜」という特殊なフィルムが入っており、その偏光膜の中の横一列に並んでいる分子の層が、視界の上下・斜めからくる反射光をカットします。ブラインドカーテンのようなイメージですね。

 

products003

 

説明だけでは、なかなかピンとこないと思いますので、下記の写真をご覧ください。

 

名称未設定-2

 

ご覧のとおり、きれいに反射がなくなっています。

 

全く同じ場所で全く同じモノを見た場合でも、偏光レンズを着用することで、こんなにも視界が変わるのです。

 

偏光レンズは様々なジャンルで需要があります。例えば車の運転であれば、路面やフロントガラスの反射が消えクリアな視界がキープできますし、釣りであれば水面のギラツキがなくなり、水中が見やすくなる=魚を見つけやすい。となるわけです。

 

次回は「調光レンズ」についてご説明させていただきます。

 

ブログ プロフィール中芝

 

RSS
2017.01.10Tue.

夏の低山用サングラスについて

 

みなさまは、登山をされる時にどのようなサングラスを使っていますか?

 

 なんとなくサングラスを使っている方、使っている物に不満がある方、またどのようなサングラスを買えばいいのか迷っている方はいらっしゃいませんか?私のブログでは、主に登山用のサングラスについてお伝えしていきたいと思います。

 

今回は夏の低山用のサングラスについて、どのようなサングラスが良いのか、フレーム編とレンズ編に分けてまとめてみました。

 

低山と一言で言っても標高は大きくは関係なく、どのような場所なのか、どのような登山スタイルなのかを考えることが大切です。今回は、山行のほとんどが樹林帯の中を歩き、山頂だけ開けているような山であったり、ボルダリングやクライミングのアプローチであったり、要するに、光量が少ない場所での登山を考えたサングラスについて考察してみたいと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

ライン

 

目次

 

チェックボックス 夏の低山用サングラス  ~フレーム編~

 

チェックボックス 夏の低山用サングラス  ~レンズ編その①~

 

チェックボックス 夏の低山用サングラス  ~レンズ編その②~

 

ライン

 

夏の低山用サングラス  ~フレーム編~

 

今回は夏の低山用のサングラスについて考えてみたいと思います。 

え?サングラス必要??と思う方もいるかもしれません。

 

✔  低山だから・樹林帯だから、サングラスは掛けない。

 

✔ 掛けていると汗で曇るから結局外してしまう。

 

✔汗がレンズに落ち顔とサングラスに溜まるあの不快感が嫌だ。

 

という理由でサングラスを掛けない方が多いのではないでしょうか。そういう人にこそ掛けていただきたいです!それはなぜか。

 

□紫外線は樹林帯だからといってない訳ではない。

 

□木々の間からの木漏れ日がギラギラ眩しい。(キレイと思いますが、だんだん鬱陶しくなりませんか?実は目の疲れの原因になっています。掛けることで心地よい光になります。)

 

思わぬ角度からの小枝や、砂埃などから目を守る。

 

といった理由があるからです。しかし、必要性は理解していても「レンズが曇る問題」は解決しませんね。どのようなサングラスであれば解消されるのか。お持ちのサングラスを思い浮かべて下さい。

 

樹林帯の中という事は、標高が低く気温が高い、比較的汗をかく場面が多いです。そういった時、遮光性が高く顔とサングラスの距離が近いもの(スポーツタイプによく見られる8カーブのサングラス)を着用していると、ほとんどの場合は曇ってしまうと思います。

 

これを軽減してくれるのが、4カーブもしくは6カーブのレンズカーブが強すぎないフレームです。レンズの湾曲が少ないことによって顔とサングラスの間に隙間ができ、レンズが曇りにくくなります。

 

そう、良かれと思っていた遮光性の高いスポーツフレームは実は曇りやすい原因になっているかも!?(しかしこれは、ノーズパットを調節することによって、解消される場合もあります。また、スポーツフレームのほうが、遮光性は勿論、目の保護の観点からも優れているところは多いのは事実です。)

 

ですので、汗をかく標高の低い樹林帯では、比較的カーブの浅いフレームをチョイスするのがオススメです!そのまま森林限界を超える様な登山になるのであれば、帽子などの日よけ対策をしていただくと、より快適になります。

 

行本さん specespace

↑こちらは4カーブのフレーム。これでは横からの光が気になる。という方がいらっしゃると思いますが、ツバの大きいハットの併用をお考え下さい。それだけでかなり改善されます。

 

白浜君 RX

↑こちらはフレームのない6カーブのサングラス。汗かきの方にはオススメのフレームです。汗がレンズに落ちる、また頬とサングラスの間にたまる汗の鬱陶しさも、フチなしのタイプにすることで、フレームにたまらず下に滑り落ちて快適です。

 

ライン

 

夏の低山用サングラス  ~レンズ編その①~

 

今回は、夏の低山用のレンズについて考えてみたいと思います。実際にフィールドでどのように見えるのか実証してきましたので、2回に分けてご紹介いたします。

 

樹林帯で使いやすいレンズを考えた時、まず第1に明るさが必要だと思います。昼間でも薄暗くなってしまう樹林帯の中で、濃いレンズは使いにくい。前回のフレーム編で解決できなかった『サングラス掛けると暗くなる問題』を解決いたします!

 

偏光レンズと聞くと、色が濃く暗いレンズを想像する方が多いのではないでしょうか。偏光レンズにも沢山の種類があり、TALEXレンズのラインナップの中には、色が薄く明るく見えるレンズもあります。

 

薄暗い樹林帯で使いやすいと考えられるもの、それがこちらのピースグレーピースブラウンです!

 

ピースグレー、ブラウン ログネット

 

可視光線透過率50%、雑考カット率50%の比較的薄いレンズ。

 

このレンズであれば、樹林帯でも暗すぎることがなく快適になることでしょう。反射をカットする力も50%あるので、足元のギラツキも少し抑えてくれます。

 

比較

 

【ピースグレー】

ピースグレーは色味が変わらないのが特徴。劇的な変化はありませんが、視界も暗くならないので、写真のような薄暗い樹林帯でもサングラスを掛けたままで、違和感なく歩くことができます。この場所では日差しがほとんどないので強い反射はないのですが、よく見ると落ち葉の反射が消え、トーンダウンした落ち着いた視界になっているのがお分かりいただけますでしょうか。色が変わらないのでサングラスを掛けていることを忘れて登山に集中したい方にはピッタリです。

 

【ピースブラウン】

ピースブラウンは、物の輪郭がクッキリするような、コントラスト性能があります。それにより、登山道がハッキリと見えているのがお分かりいただけると思います。また、足元の木の根や石などもハッキリ強調されて見え、歩きやすくなります。

 

このようなレンズであれば暗い樹林帯でサングラスを着用していても、煩わしく感じることがありません。「暗すぎて掛けない」でも、「紫外線が気になる」「目が疲れる」「木漏れ日が眩しい」「目を保護したい」そんなあなたのお悩みをこのレンズであれば解消してくれるはずです!

 

 ピースシリーズの詳細はこちら>>

 

ライン

 

夏の低山用サングラス  ~レンズ編その②~

 

 もう一色ご紹介させていただきます。

 

樹林帯が多い低山と言っても、途中の開けているところであったり山頂付近は、木々がない所、もしくは明るい樹林帯もありますよね。そういった場面では、やはり眩しく感じてしまう…。そんな時に使いやすいレンズカラー。それがイーズグリーンです!

 

イーズグリーン ログネット

 

可視光線透過率40%、雑光カット率90%のレンズ。

 特徴はこのカラーにあります。

 

比較1

 

スペック的には前回紹介したピースシリーズよりも濃いレンズになるので、木漏れ日の反射のギラつきをカットし、木々が開けているところでも眩しさを抑えてくれます。イーズグリーンには、イエロー系の色味入っていますので、比較的暗いところでも明るく感じさせてくれます。また、適度にコントラストが上がるため、登山道が鮮明に見えるのも分かるかと思います。

 

そして、サングラスにはレンズの色と同系色のものが鮮やかに見えるという特徴があり、イエロー系の色味が多く配合されているイーズグリーンは、樹林帯の木々がより鮮やかに見え、森林浴をより気持ちよく感じさせてくれることでしょう。

 

比較2

 

サングラスのコントラスト性能は、登山道の道幅や踏み跡、木の根や岩がしっかりと見えるので、とても歩きやすくなります。「視界が落ち着き、いつも見ている景色よりもハッキリと見える」これだけでも普段の登山の疲れ方とは差が出てきます。危険を常に察知しないといけない登山で、目からの情報はとても重要です。サングラスを掛けるだけで、目の疲れからくる、フィジカル的、メンタル的な疲れが軽減されます。

 

ライン

 

いかがでしたか?サングラスのイメージが少しでも良い方向にかわりましたでしょうか。

 

“サングラスレンズをメガネフレームにいれる” 登山用品店やスポーツショップなどでは見かけることはないですが、この方法は汗かきの方、よくレンズが曇ってしまう方にはとてもおすすめです。また、レンズ編として3色ピックアップさせていただきましたが、どれも木々が生い茂った場所での使用を考えております。樹林帯の中の登山、木陰でのキャンプや森林浴、クライミングのアプローチなどで使いやすいレンズではないでしょうか。よりしっかりと太陽光や反射を抑えられるレンズは、夏の高山用サングラス編にてご紹介させていただきます。

 

大前提として、フレームに関してはお顔との相性がありますので、沢山の種類を掛け比べることが大切です。レンズに関しても、ここで紹介したものを実際見ていただいた時、人によって暗く感じたり、明るく感じる場合があります。見え方は個人差によってかなり変わってしまうものになるので、店頭で実際に体験していただき、レンズの明るさが自分に合っているのかどうか、そしてそのレンズカラーが快適かどうかを確かめることが大切になります。その際には、眼鏡店の店員に詳しく相談することも重要だと考えております。

 

今回ご紹介させていただいたフレーム形状、レンズカラーを参考にし、ぜひ店頭でお確かめください。サングラスで楽しく安全な登山を!

 

ライン

 Print

 

 

RSS
2017.01.06Fri.

マストアイテム

 

DSC_0018 - コピー

 

元気なお子様とお母様がご来店。

 

「夏じゃないのに日差しが眩しく感じて外にでるのが嫌になるんです…でも子供は外で遊びたがるので外に出ないわけにはいかないし。どうにかなりませんかね?」

 

サングラスは夏だけのモノと思っていませんか?意識してみると、夏以外に眩しいと感じることは意外に多いと思います。実は、サングラスは年中使えるマストアイテムなのです!

 

レンズは、以前ご主人様と来店された際にご体験くださったようなので、フレーム選びから始めます。

 

「あまり主張のないもので、ベーシックな形がいいですかね。子供と一緒に公園で遊ぶ時にも使いたいから、派手なものはちょっと…あと、私サングラス初めてなので疲れないものがあれば。」

 

お客様のご要望に合わせて提案させていただいたのがOZNISFLAT01です。

 

DSC_0033 - コピーDSC_0034 - コピー

 

東洋人の骨格に合わせたレンズカーブとフレームの軽さが、ストレスフリーでかけていただけます。程よい大きさは男女共に人気で、シンプルな形で飽きのこないモデルです。

 

「この大きさ調度いいですね!シンプルだけどこの色だったらさりげなくオシャレだし、どんな服装にも合いそう。お出かけの時はいいんですけど、公園に行く時はカジュアルな格好が多いので(笑)」

 

フレームカラーはマットブラウンデミ。ツヤ消しのマットにすることで高級感と上品さが生まれ、強調し過ぎないさりげないオシャレが楽しめます。

 

「フレームはこのモデルにします。レンズカラーは主人と話しててトゥルービューフォーカスがいいかなって考えてきたんですけど、どうですか?」

 

トゥルービューフォーカスは自然な見え方はそのままに、しっかりと眩しさを防いでくれます。とにかく眩しいのを防ぎたい、長時間公園で遊ぶこともよくあるお客様にはピッタリなカラーです。お客様も納得され、レンズカラーはトゥルービューフォーカスで決まり!

 

 

お子様も大喜びで、お2人とも笑顔でお店をあとにされました。

 

季節や時間帯によって陽の照り方は様々。夏以外も眩しいと思ったことはありませんか?ぜひ、サングラスと一緒にお出かけしてみてください。きっと、あなたの生活になくてはならないものになるはずです。

 

 

OZNIS FLAT詳細ページはこちら>>

 

直営店に関する詳細はこちら>>

 

「ザ・レンズTALEX」のカラーラインナップはこちら>>

 

ブログ プロフィール日野

RSS
全国のPROSHOP

最近の投稿

2017年1月20日
夏の高山用サングラスについて ~フレーム編~
2017年1月19日
将来の自分のために
2017年1月18日
コントラストを上げてクッキリと
2017年1月17日
サングラス・メガネを長持ちさせる簡単なお手入れ方法
pagetop