TALEX OFFICAL BLOG

TALEX OFFICAL SITE
TALEX OFFICAL BLOG
2017.01.05Thu.

夜釣りにもサングラス

 

DSC_9975 - コピー

 

「夜釣り用に使いたいんですけど、モアイレンズが良く見えるって友人にすすめられて来ました。」

 

ご来店されたのは30代の男性のお客様。

 

サングラスは日中の強い日差しから目を守ることはもちろん、夜釣りでは釣り針などから目を保護するといった意味でも、サングラスは欠かせません。

 

「夜にメバルとかアジを釣りたいんですけど、漁港の常夜灯が海面に反射した光がチカチカして気になるんです。モアイグレーとモアイブラウンで迷っているんですけど、実際に見せていただけますか?」

 

ちょうど日も暮れていたので、早速店外の水槽でご体験いただきました。

 

「なるほど!裸眼より良く見える気がしますね!モアイグレーはとても自然な見え方ですね。モアイブラウンは…おお!コントラストが少し上がって見えますね!街灯のちらつきが和らぐ感じで楽に見えます!これはどっちのカラーにするか迷いますね…。」

 

そこで、ご持参されていたライン(釣り糸)を実際に水面に浮かべて比べることに。

 

「両方よく見えますね(笑)でも、ブラウンの方が光が和らいで楽に見える感じがするので、今回はモアイブラウンにします!」

 

と、レンズはモアイブラウンに決定。

 

続いてフレームをお選びいただくことに。

 

「釣り用だからズレにくいのが良いなー。あっ!これかっこいいですね!」

 

お目にとまったフレームは、❝ZEAL❞❝ZE-07❞

 

DSC_9935 - コピーDSC_9937 - コピー

 

一見釣り用とは思えないシンプルでスタイリッシュなデザインですが、先セルはラバー素材で汗をかいても滑りにくく、骨格に合わせてピッタリ調整が可能です。

 

「これ気に入ったわ!えっ?!なにこれ?!跳ね上がるの?!」

 

ZE-07は跳ね上げ式となっており、サングラスを外すことなくレンズを跳ね上げ、裸眼で手元を見ることができます。日中に色の濃いレンズを使用していて、手元でスマートフォン等を操作する場合や、度付きのサングラスで眼鏡を外した方が手元が見えやすいといった方には嬉しい機能です。

 

DSC_9936 - コピー

 

「これはおもしろい!跳ね上げ機能も気に入ったからこれにします!」

 

と大変お喜びいただけました。

 

デイゲーム(日中の釣り)とナイトゲーム(夜釣り)、釣り人にとって安全は第一です。ライフジャケットと同じように、釣りでサングラスをご使用されていない方は、目を保護するといった意味でもサングラスの着用をオススメします。

 

Print

RSS
2017.01.04Wed.

保管方法について

 

本日はサングラスやメガネを長持ちさせる為の保管方法について書いてまいります。

 

前回のブログで洗浄方法についてはご理解いただけたと思います。ところで、みなさま普段お使いのサングラスやメガネはどんなふうに収納されますか?実は収納の仕方には、サングラス・メガネ問わず一つ決まりがあったのです。

 

099 木下

 

業界ではこれも常識ですが、サングラスやメガネはテンプル〈つる〉を左から畳んで次に右を畳むように設計されています。理由は定かではないですが、割合の多い右利きの人がテンプルを開く際、右側からひらきやすいように作られているそうです。付属ケースは、遊びがないようにピッタリに作られている事が多く、ケースに収納する際も左から畳んで入れると安定して綺麗に収まります。右から畳んでしまうと収まりも悪くなり、その状態で蓋をしめるとフレームやレンズにストレスがかかり変形につながる恐れがあります。

 

また、サングラスやメガネをケースに収納する際はメガネ拭き〈セリート〉で包んでから入れると、ケースの内側とレンズの表面が干渉せず小傷の防止にもつながります。

 

今まできちんと保管していなかったという方は、ぜひ実践してみてくださいね。

 

次回サングラス・メガネを長持ちさせる簡単なお手入れ方法まとめブログをご期待ください。

 

ブログ プロフィール木下

RSS
2017.01.01Sun.

新年のご挨拶

 

nennsi

 

新年明けましておめでとうございます。

 

おかげさまで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

 

本年も変わらぬご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

RSS
2016.12.30Fri.

パフォーマンスが発揮できるサングラス

 

DSC_9999 - コピー

 

テニスで使用するサングラスを求めにご来店された女性のお客様。

 

「今使っているサングラスは濃い色なのに、眩しく感じる時がありボールが見えにくくなるんです。友人の紹介でTALEXのレンズなら解消してくれると聞いてやってきました。」

 

日差しが強いときのテニスコートは眩しくてつらいですよね。

ですが、ご安心下さい。おすすめするトゥルービューフォーカスなら解消してくれます。

 

全18色あるラインナップの中で、可視光線透過率が12%という最も濃いカラーのレンズ。眩しさはしっかりカットしますが暗く感じることがなく、余計な光だけを取り除きます。テニスコートから反射する光を99%カット、サーブを打つ際の太陽の眩しさも和らげてくれます。

 

「これはすごいですね!アスファルトの照り返しがなく楽に感じます。見え方も自然に見えて、これなら楽しくテニスができます!トゥルービューフォーカスでお願いします。」

 

そして次にフレーム選び。私がおすすめしたテニスに適したフレームがこちら。

 

DSC_0029 - コピーDSC_0030 - コピー

 

CEBECBSPRING4

 

こちらはスポーツタイプのサングラスで、女性向けにサイズが小さく設計されています。お顔を包み込む8カーブモデルで、耳に掛かるところは柔らかい素材でできていているため、安定したホールド感があります。激しい動きをしてもズレにくいのでテニスにもバッチリです!

 

「掛け心地がすごく良いですね!ツルの先が柔らかいので重くなく絞めつけも全くありません。顔にフィットしますし、横からの光の侵入も防いでくれますね。カラーも女性向けで可愛いし、これに決めます!早く使いたいですね。私もテニス仲間にTALEXを紹介しますね!」

 

こうしてTALEXの輪が広がっていくこと、とても嬉しく思います。これからもお客様のライフスタイルをサポートできるようご提案していきます。

 

ブログ プロフィール中野

RSS
2016.12.29Thu.

近くのモノが見えにくくなった時、必要なアイテムとは? 目のいい人編

 

 097

 

前回のブログでは、皆さんが年齢を重ねて近くのモノが見にくくなったとき、まずは近くのメガネ屋さんに相談に行ってくださいとお伝えしました。

 

今回の薮下ブログでは普段メガネをかけていない方が、近くの小さいモノが見えにくくなったときどのようなアイテムが必要なのかをご紹介させていただきます。

 

まず、1週間の生活のなかで、あなたが一番困っている状況を絞り込んでください。あなたはメガネ屋さんにそれを伝えることから始まります。

 

097 (2)

 

例えば、「仕事でパソコン作業をしている時、入力用の資料に書かれた小さい文字が見にくくて困っている」この場合、あなたの仕事を快適にするには二つのアイテムが選択肢にあげられます。

 

 

 

その1◆資料の小さい文字がハッキリ見やすくなるメガネ。

 

097 (3)

  

一般的に「老眼鏡」と呼ばれるアイテムです。近くを見るための視力に合ったメガネなら、資料に書かれた小さい文字はもちろん、スマホの画面も、見たい位置でハッキリ、クッキリに見えるようになります。

 

「それ、いいじゃん!!」と思った方、少し待ってください。このメガネにはデメリットもあるんです。

 

【デメリット】

近くの小さい文字はよく見えるけど、パソコンのモニターや遠くのモノがピンぼけになってしまう。そう、このメガネは小さい文字を見るためだけの専用アイテム。つまり、資料の小さい文字はクッキリ見えるけど、パソコンのモニターや同僚の顔は逆に見にくくなってしまうため、モニターを見るときや人に呼ばれたときは外さないといけないメガネなのです。

 

 

 

その2◆メガネの下側部分で見ると小さい文字が見やすくなって、上側でみるとモニターもクッキリ見えるメガネ。

 

ennkin2017

 

画像にあるようにメガネのレンズ下側だけ度数が入っている特殊な度付きメガネです。テレビとかで聞いたことありますよね?「遠近両用メガネ」と呼ばれるモノ。

 

これがあれば、資料の小さい文字を見たいとき、メガネの下側で見ればハッキリ見えるようになります。なおかつ、メガネの上側で見れば、パソコンのモニターや遠くの人の顔も問題なく見えます。そう、「その1」にあるデメリットを見事に解消できる便利なメガネです。1本のメガネで人の顔やパソコンモニターから、資料に書かれた小さい文字までしっかり見えます。

 

「そんな便利なメガネなら、こっちで決まりだね!」と思った方、少し待ってください。このメガネにも実はデメリットがあるんです。

 

【デメリット】

特に普段メガネを掛けない方には、結構なハードルがあります。慣れが必要。というのは、目線を下にすると近くの小さいモノが見やすい分、対象物が遠い、足元などはピンぼけになってしまう。それと、上下で見え方が違うため、いつもの感覚で目線を振ると景色が揺れて、なんだか気持ち悪い。視線の使い方さえ慣れてしまえば問題ないですが、最初は違和感が出てしまう方が多いのも、このメガネの特徴です。

 

じゃぁ結局どっちを選べばいいの?

 

097(5)

 

前回のブログで、私がメガネ屋さんに行ってくださいとお伝えした理由は、実はそこ!メガネ屋さんなら実際にメガネを作る前に、どんな見え方なのかを試せるのです。

 

1.小さい文字がハッキリ見やすくなるメガネ。

2.メガネの下側部分で見ると小さい文字が見やすくなって、上側でみるとモニターもクッキリ見えるメガネ。

 

この二つのメガネを作ると、小さな文字がどんな風に見えるのか?あるいは遠くを見ると、どんな風になるのか?などなど。これらを、自身の目で実際に確認することができるのです。

 

あとは、1週間の生活で最も困っている状況に対して、どっちのメガネを手に入れれば今よりもっと快適になるのか?を、お店にあるモニターやカタログで見比べれば答えが出るはずです。

 

097(6)

 

普段メガネを掛けていない方が、近くのモノが見えにくくなって困ったとき

ぜひ、メガネ屋さんに相談し、マッチする1本をチョイスしてみてくださいね。

 

次回の薮下ブログでは、普段メガネを掛けている方が近くのモノが見えにくくなって困ったときどんなアイテムを手に入れれば、快適な生活を送れるのかを実例と合わせてご紹介したいと思います。

 

Print

RSS
全国のPROSHOP

最近の投稿

2017年1月20日
夏の高山用サングラスについて ~フレーム編~
2017年1月19日
将来の自分のために
2017年1月18日
コントラストを上げてクッキリと
2017年1月17日
サングラス・メガネを長持ちさせる簡単なお手入れ方法
pagetop